車を売るタイミング~高く売れる時期はあるのか?

車を売って一番高く売れる時期はいつでしょうか。

そもそも、時期によって高値で売ることが可能でしょうか。

結論は、可能です。車の年式、車検前かどうかや、モデルチェンジ前かなどの時期がキーポイントとなります。

一つ目の年式は年式が若ければ若いほど早ければ早いほど高く売れていく傾向にあります。今ではインターネットサービスでお手軽に査定することができます。一括車車査定サービスを利用することによって情報をつかむことでいち早く高額買取価格をとっていきましょう。では、査定のポイントと先ほど言った年式についてご説明します。

年式とは、自動車の製造年による型番方式と登録年式の2つの方法あります。国産車では上記2つはほぼ同じになるが輸入車だと違う傾向になります。2つ目の車検前についてご説明します。車を売るタイミングとしては、車検前を選ぶのがおすすめです。

車検には費用がかかり、それはあまり軽く見ることのできるお値段でもありません。法定費用、手数料、整備修理費用などの車検費用を払わず新しいクルマに買え換えをするのもいいでしょう。ただし、車検の残り期間は車の査定額に影響するので注意が必要です。

3つ目のモデルチェンジ前についてご説明します。車のモデルチェンジにはマイナーチェンジ、フルモデルチェンジと2つありますが、買取査定のポイントにおいてはどちらも同じです。

どちらにせよ、車がモデルチェンジした時には査定学も一緒に下るので車を売るときはモデルチェンジの情報を掴んでおいてモデルチェンジ前に売れるようにしましょう。そのため、テレビや新聞雑誌、インターネットを使って日頃から意識しておくことが大切です。

以上三点が車を売るためのよりよいタイミングになります。これを意識して買い替えの時期を狙っていきましょう。車を売るならどうせなら一円でも高く買い取ってほしい、というのが消費者の心理でしょう。そのために色々な方法があり、それを駆使していくのが大切です。

この記事を参考にしました:愛車のカスタムカーを売る場合は査定士に包み欠かさず申告しましょう

中古車の走行距離について

中古車の購入を検討するにあたり重要視されるのは走行距離だと思います。もちろん走行距離だけで決めてはいけませんが距離は少ない方が痛みが少ないです。中古車は一般的に1年に1万キロと言われています。そのため5年で3万キロしか走ってない場合は少ない分類に入ります。ですがあまりにも走行距離が少ない車にも注意は必要です。

あまり乗られていないため痛みが少ないと思いますが気をつけなければいけないところはゴム類の劣化や細かいところのサビなどです。大きなガタつきなどはないかもしれませんが年式がある程度古く距離が少ない場合は野ざらしにされていた場合が多いです。購入する前にしっかり店の人に状態を聞いてみることをおすすめします。また、走行距離が多い中古車でもいい場合もあります。整備記録やメンテナンスをしっかりしている車は安心できます。

10万キロを超えている中古車に関してはかなり安価で設定されているのがほとんどです。10万キロを超えてる場合故障が増えたり部品交換をしなければならなかったり修理が増える傾向にあります。しかししっかりと整備、メンテナンスをしている中古車は購入を考えてもいいと思います。すでに部品交換を行っている車の場合かなりお買い得です。

車の寿命は10万キロとよくいいますがメンテナンスをすればそんなことはないです。普通車が安全に走れる距離は40万キロ以上といえます。新しさ、綺麗さで選ぶなら3万キロ〜5万キロをおすすめします。その反面価格が少し割高になってしまいます。価格重視なら6万キロ〜10万キロをおすすめします。距離は走っていても状態のいい車両はいっぱいあります。また、走行距離が不明の中古車には注意が必要です。個人売買などでよく見かける場合が多いです。

メーターを交換してしまったため正しい距離が分からなくなった。メーターを巻いて不正しているなどいい事がありません。しっかりと整備記録がある中古車を選ぶ事が重要です。

車のエンジンかからない時の原因~バッテリー編

車に乗っている方で、エンジンかからないというエンジントラブルにあったという方もいるかもしれません。そのようなトラブルになったことがないという方も、突然エンジンがかからないという状態になる可能性もあるので、対処法について知っておいても損はないかと思います。

一番多いトラブルの多いバッテリー

特に多いとされるのが、冬となります。冬にエンジンがかからない状態になった経験がある方は多く、原因としてはバッテリーの場合が多いです。バッテリーはエンジンを動かせるために必要で、寒いと電気を蓄える力が弱くなってしまいます。

バッテリーがないとエンジンを動かすことができなくなってしまいます。エンジンオイルが原因の場合もあり、オイルは寒さによって硬くなりやすいため、エンジンの動きの邪魔となってしまいます。意外と知らない方も多いですが、エンジンオイルには冬用と夏用があるため、冬の寒い時期に備えて冬用のオイルに効果しておいたほうが良いでしょう。

冬の寒い時にエンジンが動かない時に、やってはいけないこととしては、何度もセルモーターを回してしまうことです。何度もやることによって、すぐに電力を失ってバッテリーが切れてしまいます。車は走っていると充電されますが、停止した状態では充電されることはないので注意する必要があります。

冬以外の季節や、バッテリーを交換したばかりの時でもエンジンがかからない場合があります。原因としては、バッテリーターミナルが腐食していることがあります。このバッテリーターミナルが腐食してしまうと、接続不良を起こしてしまうため、エンジンがかからない状態になってしまいます。この腐食してしまう原因としては、エアコンの使用頻度が高いとなってしまう可能性が高くなります。

うっかりミスとしては、パーキングに入れずにエンジンをかけようとしている場合や、ガソリンが空の状態の時にかけようとすると、当然エンジンはかからないので、エンジンがかからないと焦る前に、冷静にチェックするようにしましょう。

中古車を買うなら情報収集から始めよう

次の車検に合わせて車を買い替えたいとお考えの方は、販売店に見に行ったりインターネットで情報を収集しているでしょう。新車と中古車のどちらを選ぶかで迷っているなら、両方のメリットとデメリットを比較することをおすすめします。

新車を買うメリット

新車を買う場合のメリットは、何と言っても真新しい車に乗れることです。キズ一つなくツヤツヤですから見た目が良いことはもちろんですが、最新式の機能が備わっていることも大きなメリットです。その分購入費用が高くなるので、軽自動車でも100万円以上の費用を用意しなければなりません。

一方の中古車は新車と比べて安く買えるので、メーカーや車種に妥協することなく選べることが大きなメリットと言えるでしょう。中古車の場合はメンテナンスが必要になりますが、こまめにお手入れをして大切に乗ればストレスを感じることはありません。

中古車を買うメリット

中古車を買うなら、できるだけ多くの情報をチェックして一番納得できる車を選びましょう。中古車を取り扱っている販売店は多いので、一つずつ見てまわっていては大変です。インターネットを利用すれば自宅に居ながらにして多くの販売店の情報を手軽に見ることができるのでおすすめです。

中古車の情報を掲載しているインターネットサイトを開いたら、初めにメーカーや車種、予算など希望の条件を設定するとスムーズに検索できます。条件に合う車だけを表示させたら価格順位並べ替えるといいでしょう。チェックしたいポイントは年式や走行距離、修復歴の有無などで、年式が古ければ古いほど安い値段で買うことができます。中には年式が新しくても走行距離が多い車もあるので、一つの項目だけでなく複数の項目を同時にチェックすることをおすすめします。

中古車専門のインターネットサイトには新車の情報が掲載されていることもあるので、年式が新しい中古車と比較してみるのもいいでしょう。買いたい車が見つかったら販売店に問い合わせをして早めに見に行くことがポイントです。

車を当て逃げされたら

生活をするうえで、車があると便利なこともあります。仕事や私生活でも日常的に車を使う方もいるでしょう。ですが、よく車を使用する場合には、当て逃げの被害を受けることもあります。当て逃げされてしまう場合には、自分が運転中のケース、または、一時的に買い物などをしていて、当て逃げされた瞬間を目撃していないケースなども考えられます。

自分の大事な車を傷つけられてしまったら、感情的になってしまうかもしれません。また、原因となる相手も逃げてしまったら、相手に対しての怒りがこみあげてしまうこともあるでしょう。

ですが、このような被害にあった場合には、警察に連絡をいれ、その当て逃げされた時の状況などを正確に伝える必要もあります。そのため、あまり感情的になり、おおげさな言い方をしてしまったりすると、正確な情報が伝わらず、捜査が難航する原因にもなりかねません。また、当て逃げされた時に、相手の車などを確認できる状態では、ナンバーを覚えておくことも大切です。相手を特定するには重要な情報になりますので、覚えておくといいでしょう。

また、自分が目撃していない場合、車から離れていた場合には、その状況を説明する必要もありますが、また、目撃者などを探してみるのも大切なことです。自分ではその決定的瞬間をみていない場合でも、誰かが、偶然その場を通りがかり、その瞬間を目撃している可能性もあります。その時の相手の車の状況など、捜査に有益な情報が得られる可能性もあります。また、お店などの駐車場などで当て逃げなどをされている場合には、お店の監視カメラなどから情報を得られる可能性もあります。

そのため、肝心な場面を自分がいないことで目撃できなかった場合でも、諦めることなく周囲の人に目撃していないか、また、周辺のお店などから有益な情報を得られないかなど確認してみることも大切です。当て逃げされたからとそこで諦めずに、しっかりとできることを、そして、警察には正確な情報を伝えることが大切です。