車を当て逃げされたら

生活をするうえで、車があると便利なこともあります。仕事や私生活でも日常的に車を使う方もいるでしょう。ですが、よく車を使用する場合には、当て逃げの被害を受けることもあります。当て逃げされてしまう場合には、自分が運転中のケース、または、一時的に買い物などをしていて、当て逃げされた瞬間を目撃していないケースなども考えられます。

自分の大事な車を傷つけられてしまったら、感情的になってしまうかもしれません。また、原因となる相手も逃げてしまったら、相手に対しての怒りがこみあげてしまうこともあるでしょう。

ですが、このような被害にあった場合には、警察に連絡をいれ、その当て逃げされた時の状況などを正確に伝える必要もあります。そのため、あまり感情的になり、おおげさな言い方をしてしまったりすると、正確な情報が伝わらず、捜査が難航する原因にもなりかねません。また、当て逃げされた時に、相手の車などを確認できる状態では、ナンバーを覚えておくことも大切です。相手を特定するには重要な情報になりますので、覚えておくといいでしょう。

また、自分が目撃していない場合、車から離れていた場合には、その状況を説明する必要もありますが、また、目撃者などを探してみるのも大切なことです。自分ではその決定的瞬間をみていない場合でも、誰かが、偶然その場を通りがかり、その瞬間を目撃している可能性もあります。その時の相手の車の状況など、捜査に有益な情報が得られる可能性もあります。また、お店などの駐車場などで当て逃げなどをされている場合には、お店の監視カメラなどから情報を得られる可能性もあります。

そのため、肝心な場面を自分がいないことで目撃できなかった場合でも、諦めることなく周囲の人に目撃していないか、また、周辺のお店などから有益な情報を得られないかなど確認してみることも大切です。当て逃げされたからとそこで諦めずに、しっかりとできることを、そして、警察には正確な情報を伝えることが大切です。