中古車の走行距離について

中古車の購入を検討するにあたり重要視されるのは走行距離だと思います。もちろん走行距離だけで決めてはいけませんが距離は少ない方が痛みが少ないです。中古車は一般的に1年に1万キロと言われています。そのため5年で3万キロしか走ってない場合は少ない分類に入ります。ですがあまりにも走行距離が少ない車にも注意は必要です。

あまり乗られていないため痛みが少ないと思いますが気をつけなければいけないところはゴム類の劣化や細かいところのサビなどです。大きなガタつきなどはないかもしれませんが年式がある程度古く距離が少ない場合は野ざらしにされていた場合が多いです。購入する前にしっかり店の人に状態を聞いてみることをおすすめします。また、走行距離が多い中古車でもいい場合もあります。整備記録やメンテナンスをしっかりしている車は安心できます。

10万キロを超えている中古車に関してはかなり安価で設定されているのがほとんどです。10万キロを超えてる場合故障が増えたり部品交換をしなければならなかったり修理が増える傾向にあります。しかししっかりと整備、メンテナンスをしている中古車は購入を考えてもいいと思います。すでに部品交換を行っている車の場合かなりお買い得です。

車の寿命は10万キロとよくいいますがメンテナンスをすればそんなことはないです。普通車が安全に走れる距離は40万キロ以上といえます。新しさ、綺麗さで選ぶなら3万キロ〜5万キロをおすすめします。その反面価格が少し割高になってしまいます。価格重視なら6万キロ〜10万キロをおすすめします。距離は走っていても状態のいい車両はいっぱいあります。また、走行距離が不明の中古車には注意が必要です。個人売買などでよく見かける場合が多いです。

メーターを交換してしまったため正しい距離が分からなくなった。メーターを巻いて不正しているなどいい事がありません。しっかりと整備記録がある中古車を選ぶ事が重要です。